究極の美の追求!アルティメット・ベルシーダイエットで本当の美しさを手に入れてください!

前橋ヒューマン

ホーム >>

MAEBASHI human

前橋ヒューマン
前橋ヒューマンは、前橋のタウン情報誌です。
読売新聞の折込として、月3回発行されています。

Come on,join us! サークル紹介

J-Dream Rugby Football Club(ジェイドリーム ラグビーフットボールクラブ)

「ジャパニーズ・ドリーム」。
いつも夢を持ち、チャレンジしていこう!

  • 「J-Dreamラグビーフットボールクラブ」は、
    前橋朝倉工業団地東の田んぼの中にある専用グランドで毎週、練習を積んでいる。

    2000年11月11日、本格的なクラブ組織のラグビーチームとして旗揚げし、
    現在は、県内クラブと社会人リーグ2部に所属、前橋を拠点に活動する、
    唯一のラグビーチームだ。

  • 現在、キッズチームに約10人、トップチームに約30人が所属している。
    小さな子どもからシニアまで、幅広い年齢の方にラグビーの楽しさを知ってもらい、
    ラグビー人口の底辺上げに努めている。
    また、地元に密着したクラブ作りを心がけており、将来はNPO法人化を目指している。

  • クラブの代表を務める浜本哲治さんは、早大WTBで活躍したラガーマン。
    「日本のラグビーは、大学や企業が持っているチームばかり。これからは、地域に密着したチームを作っていく必要がある。そして、たくさんの人たちに認知され、ラグビー人口を増やしていきたい」と話す。

    キッズチームでは、ラグビーの楽しさを知ってもらうことから始めている。
    「相手と体をぶつけ合うことで、体を傷つけた時の痛さを知ることができる。いじめなどの暴力行為が多発している現在では、重要なこと。また、子どもの体力低下も心配されているが、ラグビーは全身運動で、あらゆるスポーツのに精通した動作が含まれているので、スポーツ万能になれる」と浜本さんは語る。

  • 将来は、生涯ラグビーを続けられる環境を作っていきたい、と話す浜本さんの目線の先では、子どもたちが楽しそうにラグビーボールを追いかけていた。

    J-Dreamラグビーフットボールクラブからオリンピック選手が出る日は、そう遠くないはずだ。


    (文:塚本勇太氏)

DATA

メンバー募集

  • J-Dream Rugby Football Club
    • 練習日
      土曜 9:00〜12:00(キッズチーム)
      日曜 9:00〜12:00(トップチーム)
    • 練習場
      前橋朝倉工業団地サンヨー食品東の、田んぼの中にあるグランド
  • ホームページ

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional