究極の美の追求!アルティメット・ベルシーダイエットで本当の美しさを手に入れてください!

商工まえばし あの人この人 フィールド・オブ・ドリームズ

商工まえばし あの人この人

商工まえばし あの人この人 フィールド・オブ・ドリームズ
  • 記者のポール・レクターさんは、大柄な方で、とても優しい眼差しが印象的でした。
    ラグビーの「ノーサイド」の精神が、信じがたいと言ってました。
    ご自身もバスケットのアスリートだったようですが、試合後に相手の選手と握手どころか話をすることもなかったらしいです。


    写真は有名な写真家・平山利男さんに撮っていただきました。
    いろんな角度から、数百枚。。。
    自分の気に入った写真が出来たのは、生まれて初めてですね。


    ポール・レクターさん、平山利男さん、ありがとうございました。
    紹介していただいた、朝日印刷工業の石川靖さん、ありがとうございました。

“フィールド・オブ・ドリームス”

あの人この人 写真・平山利男 ラガーマン 浜本哲治

  • “フィールド・オブ・ドリームス”


    後閑町の田圃の中、前橋のケビン・コスナーが夢と楕円形のボールを追う。


    大分の舞鶴高校のラグビー部監督に口説かれ、あっという間にはまってしまった。
    花園の桧舞台から早稲田へ。そして、東京海上火災へとラグビーの炎は燃え続けた。


    ついに平成12年11月11日、J‐DREAMというクラブチーム形成。
    長年にわたる夢を自ら実現した。


    「最低必要条件は専用グラウンド。義母の田圃を借りて仲間と整備、クラブハウスとトレーニング室は古い小屋」。


    小学校1年生から40代までのラガーが浜本氏と同じ夢を。
    並みの夢ではない。
    「みんな国体代表や日本1位を狙って、前を向いて頑張っています。僕はいつの日かプロ・チームになればなぁと考えちゃいますよ」。


    ラグビーの魅力とは
    「まぁ、全身を使って走ったり接触したり、たまりませんね。そして、チームスポーツの中で、時には15人がリーダーシップ、個人プレー、チームプレーをこなすでしょう。一般社会とまったく同じですかなぁ」。


    激しい試合を終えた後は、闘った敵と酒を飲めるなんて。


    「もし誰かが汚いプレーをしても、笛がなったらみな忘れてしまう。試合中に全部出し切って何も残らない。試合中のことはどうでも良いという感じ」。
    選手兼指導者の浜本氏。


    「スポーツに関して日本の考え方は少し遅れている。一般的には一つの道楽や趣味に過ぎないと思う人が多い。僕にとって、スポーツは文化と思います」。


    確かに大切な文化であり、そして夢である。


    (文責 ポール・レクター)

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional