究極の美の追求!アルティメット・ベルシーダイエットで本当の美しさを手に入れてください!

読売新聞 トライ!ラグビーNPO設立

プロフィール > here

読売新聞 トライ!ラグビーNPO設立

読売新聞 トライ!ラグビーNPO設立
  • 私が設立したラグビークラブのNPO法人化のニュースを読売新聞に取り上げていただきました。


    まだ実現には至っていませんが、あきらめずにチャレンジしていきます。

県選抜監督の浜本さん 9月申請へ

  • 高校、大学とラグビー部で活躍したパーソナルトレーナーで県選抜チーム監督の浜本哲治さん(43)(前橋市後閑町)が、各年代チームをそろえたラグビーの本格クラブチーム結成を目指し、NPO法人「群馬ジャパニーズドリームス」を設立する。


    9月上旬に県に申請する予定。


    ラグビークラブの法人化は全国的にも珍しく、県内では初めて。

本格クラブチーム結成▼街の一体化地域振興 県内初

  • 浜本さんは、高校時代に全国大会に出場し、早大ラグビー部でもウイングの中心選手として活躍した経歴を持ち、もっと県内でラグビーを普及させたいと考えていたという。


    そんな浜本さんが着目したのが、ニュージーランドなどラグビー先進国のラグビークラブ。
    幅広い年代のチームをそろえ、ラグビーの普及に寄与するだけでなく、クラブを通じて街が一体化し、市民のよりどころにもなっていることに影響を受け、同様の取り組み挑戦することを決めた。


    2000年には前橋市に、ラグビークラブ「J-DREAMS」を設立し、社会人チームを結成。
    4部からスタートしたチームは昇格を続け、現在は2部に所属している。


    NPO法人化は、「ラグビーによる地域振興」という目的を明確にするとともに、クラブの運営基盤の強化を図るのが狙いで、同クラブをNPO法人の母体とする考え。


    練習場は、同クラブ結成にあわせ、田んぼを改良して整備した約3300平方?のグランドを使用。7月下旬からは毎週土曜日、小学生らを対象にしたスクールも始めている。


    今年4月からはインターネットなどを通じ、スポンサーと芝オーナーの募集も始めた。
    芝オーナーは、既に目標の100口に迫る85口を集めており、グランドの半分程度は洋芝が生えそろっている。


    日本ラグビー協会などによると、近年、クラブをNPO法人化する流れも生まれつつあるというが、関東協会が把握しているのは、北海道と東京都の2クラブだけだという。


    浜本さんは「群馬はラグビー不毛の地とも言われるが、NPO法人を受け皿にすそ野を広げたい。いずれは日本選手権に出場できるようトライしたい」と意気込んでいる。

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional